ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

Computex 2017でPC市場に強くアピールするDELL - Ryzen搭載でVR対応のAIOを発表

f:id:AllAboutKamikura:20170531092950j:plain

Computexでは台湾系PCメーカーが様々な新製品を発表するが、PCメーカーではトップグループに入るアメリカ系のDELLもComputexにあわせて例年イベントを開催している。

2017年はAMD Ryzen搭載のAIO Inspiron 27 7000等を発表したこともあり、AMDが協賛したかなり規模の大きな物となった。

f:id:AllAboutKamikura:20170531093014j:plain

イベントではAMDのリサ・スーCEOもゲストとして招き、DELLのPC市場での力の入れようがよくわかる物となった。

f:id:AllAboutKamikura:20170531093140j:plain

PC市場は2017年第一四半期に市場が減少傾向にある中、DELLは6.2%の成長をしており、今後もR&Dを続けてPC市場を強化していく事をアピールした。

その中で今回はVR関連も問題なく動作するAIOやゲーミング製品が発表された。

f:id:AllAboutKamikura:20170531093403j:plain

Ryzen搭載のAIO Inspiron 27 7000シリーズは、VR市場が成長する中、コンパクトなフォームファクターで場所が無い所での使用が可能になる製品だ。

VRのミニマム構成では$1299からで価格もリーズナブルで、VRもより手軽に楽しめる環境が整いつつある。

f:id:AllAboutKamikura:20170531093511j:plain

また、DELL Canvas、8Kモニター、HDR対応モニターなども展示しDELLの最新製品・技術を台湾で紹介していた。

 

NVIDIA 18mm厚の薄型ノートにGeForce 1080が入るGeForce GTX with Max-Q Designを発表

f:id:AllAboutKamikura:20170531083635j:plain

ゲーミングPCと言えば、ある程度の大きさと重さが当たり前だったが、NVIDIAGeForce GTX with Max-Q DesignでゲーミングPCでも薄型軽量製品を展開できるようにする。

ComputexにあわせてNVIDIAのJensen Hang氏が発表した物で、ASUSと開発したROG ZEPHYRUSはPlayStation Proより6割性能が高く、ディスプレイもついているとアピールした。

youtu.be

このROG ZEPHYRUS(これ自体は17.9mm厚)はASUSのゲーミングイベントでもJensen Hang氏がゲストとして招待されNVIDIAASUSのRava 128から続く21年の歴史を振り返る場面もあった。

f:id:AllAboutKamikura:20170531084119j:plain

Max-Q DesignはGPUのピーク効率の最適化、ゲーム設定、放熱設計、電源のレギュレーターの最適化から実現する物。

このデザインを利用する事でゲーミングPCがより薄型軽量へと進化していく事が予想される。

 

インテル 第8世代Coreシリーズは30%性能向上させ2017年後半投入

f:id:AllAboutKamikura:20170531082459j:plain

インテルは2017年後半に投入を予定する第8世代Coreシリーズの性能が第7世代と比較し30%向上すると発表した。

従来は10%台程度の性能向上に加え、機能追加があったが、30%の性能向上になると従来より2倍程度の性能向上となる。

この性能向上が単純なプロセッサーの演算性能か、システム全体での事かはわからないが、今後投入される製品は大幅な性能向上が期待できるだけに続報を待ちたい。

インテル 18コアのCore i9シリーズを発表 AMD Ryzen対抗

f:id:AllAboutKamikura:20170530235921j:plain

インテルはComputexにあわせて、18コア36スレッドのCore i9など、最新の「Core Xシリーズ・プロセッサー」を発表した。

目玉は18コアまでの製品が用意される点で、ゲーミングやビデオ編集などのハイエンド市場に向けた製品群となる。

ハイエンド市場には同社のサーバー向けXeonシリーズがあるが、ゲーミングを含めてより一般消費者寄りのCore i9シリーズとして製品が出てくるのはAMD Ryzenの成功があったからだろう。

実際、Core i9-7820X ベースクロック3.6GHzは$599となっている。

AMDRyzen 7 1800X ベースクロック 3.6GHzが$499なので、AMDにだいぶ対抗した価格設定になっていることがわかる。

18コア36スレッドのCore i9-7980XEは$1,999という価格設定で、これ以外にも10、12、14、16コアの製品もあり、AMDの同等製品Ryzen Threadripperの出方によっては面白いことになりそうだ。

18コアは必要か

この18コアはともかく8コアとか10コアなんか使い道が無いと思う方も多いと思う。

f:id:AllAboutKamikura:20170530235941j:plain

Webやオフィス文書の編集、単純な写真編集くらいの一般的な用途では4コア8スレッドもあれば十分だが、ゲームなら、VRや、ライブ配信など、動画なら4Kや8Kがあり、コア数は多ければ多いほど作業効率に直結する。

ゲームの場合なら、リアルタイム性が必要なので、VRやライブ配信をするならなるべくコア数は多い方が望ましい。

ゲームを考えると、ゲームではシングルプロセッサーの処理速度が重要になる部分も多く、コア数が増えすぎても使い道はあまりない。現在は単純にゲームだけに使うのでは無く、プレイ動画の録画、配信、自分の画像を掲載しての配信など、コア数が多ければ多いほど有利につかえる用途が増えている。

動画編集も4Kや8K時代になると、フルHDの数十倍の処理能力が必要になることもあり、コア数が増えれば増えるほど、効率的に編集作業ができる。

今後のハイエンド向け製品では8コア以上が普通になる可能性もありそうだ。

こうなったのもAMDとの競争があるからで、ハイエンドユーザーは両社の競争の恩恵にあずかれる。

今回の件で、今後も両社間の競争によって良い製品が出てくることが確認出来たわけだ。