ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

YouTubeが著作権一致判定ツールの提供を開始 不正な再アップロードが簡単に検知可能に

YouTubeが「著作権一致判定ツール」の提供を始めました。 support.google.com YouTubeで人気になると動画をキャプチャしたり、不正にダウンロードして再アップロードされてしまうことがあります。 当然、著作権侵害ですが、人気の動画と同じ内容の動画をアッ…

YouTube銃撃事件の原因は「YouTubeの収益化を止められた事」か

現地時間の2018年4月3日午後1時頃、カリフォルニア州サンブルーノのYouTubeの本社で銃撃事件が発生した。 サンブルーノのYouTubeはいくつかの建物があるが、昔からある方のオフィス入口あたりでその犯行があったようだ。 www.instagram.com こちらがその入口…

YouTubeが悪質YouTuberへの対策を本格化

YouTubeでは今まで比較的簡単に収益化できていたため、視聴者が集まりやすく話題になり再生回数を稼げる悪ふざけ動画を投稿するユーザーがいました。例えばローガン・ポール(Logan Paul)など このようなユーザーの動画は今まで、チャンネル登録者が多く、視…

YouTubeの新収益化基準(2018年版)のよくある質問

2018年に更新されたYouTubeの収益化ポリシーとは YouTubeは2018年1月16日に収益化ポリシーの変更を発表しました。 つまり、YouTubeパートナープログラムの参加基準が厳しくなりました。 2017年の更新では総再生回数1万回以上のチャンネルがYouTubeの収益化審…

再生時間4000時間以上のYouTubeの新しい収益化基準で影響を受ける人とは

YouTubeに動画をアップロードして収益を得られるYouTubeパートナープログラムの参加基準が変更になりました。 youtube-creators-jp.googleblog.com 2017年4月にも変更がありました。当時は、総再生回数1万回にならないと申請できない物でした。2018年1月16日…

YouTubeの問題は安易な収益化と、問題を未然に防げない内部体制

YouTubeはアップロードした動画に広告を付けることで、クリエイティビティの欠片もないコンテンツで金を稼ぐことが出来る。 この収益化システムやYouTube内部の方針には問題があり、2017年から外部から様々な指摘が相次いでいる。 2017年から問題になってい…

ローガン・ポール(Logan Paul)へのYouTubeの対応が明らかに

YouTubeに悪ふざけ動画を投稿しているローガン・ポール(Logan Paul)氏に対しての非難が収まりません。 きっかけは日本時間で2018年1月1日に投稿された青木ヶ原樹海での自殺関連動画です。 allaboutkamikura.hateblo.jp この件ではYouTubeにもSNSへのメッセー…

ローガン・ポール(Logan Paul)のおふざけ動画へのYouTubeの対応は妥当だったのか

ローガン・ポール(Logan Paul)という、普段からおふざけビデオをYouTubeにアップロードしている人が2018年1月1日にアップロードしたある動画が問題になっています。 該当の動画は青木ヶ原樹海に行った際に、自殺した人を見つけ、いつものようなおふざけをし…

YouTubeの収益化の黄色アイコン「一部の広告主に適していない動画」とは何か

YouTubeでは2017年に入って広告関連でいくつかの問題やそれに伴う混乱があります。 その1つが、YouTubeにアップロードした動画が広告主に適していないという表示になり、広告が表示されないらしい状態になる問題です。 YouTubeの一部の広告主に適していない…