読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

Windows 10を実際にアップグレードで入れてみる

Windows 10へのアップデートが始まりました。

マイクロソフトWindows 10のアップデートに関する詳細を公表していなかったので、自分が予約したりしたパソコンでのアップデートは実際に何時に出来るかが当日にならないとよくわかりませんでした。

筆者の場合、Insider Previewを入れていた物と、Windows 8.1を入れていた物の2台でWindows 10の製品版を入れたいのですが、実際に始まってみないとその手順はもちろんタイミングや内容も一切わかりませんでした。

Insider Previewを入れていた物は、事前に提供されていたビルドが実質的な7月29日に提供される製品版になるようです。このため、細かなアップデートは提供されたようですが、基本的にそのままなようです。

一方でWindows 8.1が入っていた物では、一応予約をしていたのですが、いつになったらアップデートされるのかわかりません。

vine.co

リリース日の夜に東京の恵比寿で行われたWindows 10 Fan Celebrationを見学した後、家に帰って、状況を見るためにWindows Updateをみると、すでにインストールできる状態になっていました。

いつそうなったのかはわかりませんが、ダウンロードはいつの間にかに終わっていたようです。

Insider PreviewでWindows 10のクリーンインストール手順自体はわかっていましたが、Windows 8.1からの設定等も含めたアップデートとなると今回が初めてです。

勝手がよくわかりませんでしたが、基本は従来の各種アップデートの延長のような感じのようです。

始めに基本的なインストール作業があり、ここでライセンスの認証をした後に、Windows 10へのアップデートが本格的に始まるようです。

f:id:AllAboutKamikura:20150730005550j:plain

筆者の場合で、インストール開始から簡単セットアップでの終了までは1時間半かかりました。基本的に待っているだけですがかなり時間がかかります。

インストール自体はただ待っているだけで何もすることがありませんが、問題は無かったようです。

まだじっくりとは触っていませんが、Windows 8.1からの設定の引き継ぎや、今まで入っていたアプリの動作は、完璧ではないようですがおおむね問題ないようです。

最新OSの“困った”を解決! いますぐわかるWindows 10

最新OSの“困った”を解決! いますぐわかるWindows 10

 
絶対に失敗しない Windows 10 無料アップグレード

絶対に失敗しない Windows 10 無料アップグレード