読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

日本も4Kテレビがだいぶ安くなりつつある件 43インチが10万円

日本の4Kテレビは海外に比べてまだまだ高価でしたが、日本でも安くなりつつあります。

LG製で43インチの43UF6900という製品ですが、2015年8月に発売された最新モデルで店頭価格は10万円程度となっています。

www.lg.com

エントリーモデルで、他の機種よりは機能が低いようですが、フルHDテレビを買うような感覚で4Kテレビを購入できるようになりつつあるようです。

一応4Kテレビで重要な4K映像の入力であるHDMIに対応しているようですが、著作権保護のHDCP 2.2に対応しているかどうかは、スペック表に書いてないのでよくわかりません。

このHDCP 2.2対応は4Kテレビで非常に重要な機能ですので、これに対応していない製品だった場合は買うに値しませんが、対応していれば買っても問題はありません。

この43インチで10万円という価格は、今までに比べるとだいぶ安いですが、海外ではこのサイズで8万円以下になりつつあります。

日本でさらに安い価格になるかどうかはわかりませんが、今後の価格下落は確実でしょう。