読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

遠隔マルチプレイが出来るNVIDIA GeForce Experienceアップデート

ゲームのマルチプレイは、従来型ゲーム専用機ではコントローラーを複数接続して1画面で遊ぶのが基本でした。これが、インターネットの普及で、マルチプレー向けのゲームが登場し、大人数での対戦が出来るようになりました。

それぞれのゲームは全く違う物で、大多数を前提としたマルチプレー向けゲーム以外で、ローカルでの協力プレイや対戦する場合、どうしてもその場に集まる必要があります。

これが変わります。

ローカル対戦や協力プレイのゲームでも、インターネット越しに複数人でのゲームプレーが出来るようになります。

NVIDIAが自社のGPUを利用するPC向けに提供しているGeForce ExperienceがGameStreamのCo-opに対応するようになります。つまり、ゲーム画面をネットに配信して、配信先での操作ができるようになると言うことです。

Beta | GeForce

今後ベータ版が提供されますが、ゲーム画面を転送する機能を拡張して実現するようです。

現在、ゲーム画面の録画しての実況プレイ動画、ライブ配信等がネット上で人気ですが、GeForce Experienceにはこのための機能が用意されています。

この機能自体も最新版でより便利になりますが、ネット上で対戦が出来る機能が追加されます。

ライブ配信では現在Twitchに対応していますが、システム上の制約でライブ配信でも30秒程度遅れて視聴者に画像が届いています。最新の対戦対応の配信システムは一対一で配信するため、ほぼリアルタイムで画像が相手に届きます。

リアルタイムで画像を転送できるので、転送画面での操作も違和感なく、ローカルでしか出来なかったゲームの対戦や協力プレイといったマルチプレイがインターネット越しで遠隔マルチプレイできるようになります。