読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

USB 3.1とType-C対応の2-in-1製品が東芝から登場

東芝は高精度なペン入力と独自ソフトのTruシリーズで、紙のデジタル化が現実となっている超軽量なdynaPadを発表しました。この秋冬の注目製品で、東芝も力を入れていますがこの影に隠れた別の注目製品もあります。

f:id:AllAboutKamikura:20151016082742j:plain

USB 3.1とType-Cに対応したdynabook RX82/Tです。Core Mを搭載するデタッチャブル型2-in-1で、夏モデル(RX82/P)から機能強化されました。

一番注目のdynaPadは従来のアクセサリーを活用するためか、USB 3.1とType-Cの対応を見送りました。一方で、今回発表されたよりハイスペックなRX82は新しい規格に対応しています。旧モデルからスペックやインターフェース等が一新され、日本や海外含めて最新の規格に対応した形になります。

USB 3.1とType-Cへの対応は、Windows系PCメーカーとしてはアップルに次いでやっとしっかりした物が発表されたといった感じです。

このUSB 3.1とType-C対応が遅いのか、早いのかは最終的に数年後にならないと正しかったのかどうかの判断はできません。USB 3.1は長期的には普及するのでしょうが、Type-Cが数年後に本当に普及しているかはわかりませんので。

しかし、新テクノロジーに注目している方にとって、各社のUSB 3.1とType-C対応は遅い気もします。

問題はこの新技術が本当に普及して、対応を早まってしまい、普及しなかったときはユーザーの不利益になりますので判断は難しいところです。そんな中で1年前後メーカー担当者が対応するかどうか悩み、アップルやGoogleの対応でようやく徐々に各社の移行も始まりつつあるという現状です。

dynabook.com

アラン・ケイ (Ascii books)

アラン・ケイ (Ascii books)

 
安蘭けいStage History 夢への軌跡 (タカラヅカMOOK)

安蘭けいStage History 夢への軌跡 (タカラヅカMOOK)