読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

USB 3.1とThunderbolt 3に対応したDELLのXPSシリーズが登場

f:id:AllAboutKamikura:20151031190700j:plain

USB 3.1に対応する製品は今後続々と登場してくると予想されています。それを先取りし、Type-Cポートを搭載、さらにThunderbolt 3にも対応する製品が登場しました。

DELLXPSシリーズです。

今後、ハイエンドのパソコンはこのThunderbolt 3に対応するType-Cポートを搭載する製品が順次増えてくると予想されますが、その第1弾製品と言ってもいいでしょう。

これはかなり革新的なことで、簡単に言えば、パソコンの電源を含めた主要インターフェース全てが、Type-Cポート1つだけで完結できてしまうということです。

XPSシリーズには一般のUSB 3.0ポート、電源端子、ディスプレイ出力などもあります。これらを含めて全てのポートが新しく対応した、たった1つのType-Cポートで完結できてしまいます。

わかりやすく言えば、パソコンに接続するケーブルは1本だけで、ほぼ全てのインターフェースに接続できるようになります。

  • 電源
  • 外部ディスプレイ
  • 外部キーボード
  • 外部マウス
  • USB接続のハードディスク
  • 有線LAN
  • USB端子

あたりはノートパソコンで必要になる各種端子類ですが、Type-Cケーブル1本で各種ポートに対応するドッグに接続するだけで完結できるようになります。

今まではワンタッチで各種機器に接続するためには、各機種毎のドッグが必要で、必ずここに接続しなければなりませんでした。今後は各機種共通のThunderbolt 3対応のドッグにケーブルで接続するだけです。

ケーブルでの接続なので設置場所の自由度が向上しますし、ドッグが各機種共通になるため、コストも大幅に削減できるようになります。