ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

Gmailが使えなくなったときに確認すること4点

Gmailがなぜか使えなくなった場合のチェック項目です。

動画でも説明していますので参考にしてください。

www.youtube.com

インターネットに接続できているか確認する

使えなくなった端末で、インターネットにWebブラウザで接続し、GoogleYahoo! Japan等の一般的なインターネットのサイトに接続できるかチェックしてください。

GmailにWebブラウザで接続する

GmailにWebブラウザで接続してください。

gmail.com

へ行き、メールの一覧等が表示されているか確認してください。

ここでメールの送受信が出来るか確認してください。

Webブラウザとは何かわからない場合、WindowsならInternet ExplorerやEdge、AndroidならChromeiPhoneiPadMacならSafariの事です。これでもわからない場合はお近くの詳しい人に聞いてください。

ログインしていない場合は、ログイン画面が表示されるので、ここで自分が使いたいアカウントやパスワードを入力してください。

アカウントやパスワードがわからない場合、なんだかわからないがアクセスできない場合は

アカウントにアクセスできない

を確認してください。

送信先のメールアドレスを確認する

メールアドレスがインターネットのルールに合っているか確認してください。Gmailから送信した場合RFC-5321違反とされることがありますが、メールアドレスがルールに反していることが原因です。

特にドコモやauといった、携帯電話のメールアドレスにこの問題が多いです。

違反の内容は、メールアドレスに無駄にドットが入っていたりすることが多くの原因です。これを解消するには相手にメールアドレスを変更してもらうしかありません。

Gmailの容量を確認する

Gmailは無料で15GBまでの容量が用意されています。これは他のGoogleのサービスと共通の容量で、文章や写真もこの容量内で利用する必要があります。この容量はGmailに写真やビデオを貼り付けていなければ、メールを数万通送受信しても問題になる容量ではありません。

2015年に入ってからあるトラブルは、Android等で撮影した写真やビデオを自動的にGoogleへアップロードしている事が影響しています。

写真やビデオは容量が大きく、15GBの容量を使い切っている可能性があります。

現在の使用容量は

https://www.google.com/settings/storage

で、自分でどのくらい利用しているのか確認してください。

自動アップロードの設定状況を確認するには

携帯端末上の写真のバックアップ

を確認してください。 

メールの超プロが教えるGmail仕事術

メールの超プロが教えるGmail仕事術

 
今すぐ使えるかんたん Gmail入門

今すぐ使えるかんたん Gmail入門