読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

年初のIT系大イベントCES 2016は1月4日から

毎年恒例となっている年初のIT系イベントで、年間を通しても最大規模のイベント「International CES 2016」略してCESがアメリカのラスベガスで今年も行われます。

CESのイベント自体は、2016年1月6日(水)から9日(土)に行われます。

CES自体は一般的な展示会と同じように朝9時から夜6時くらいまでが展示会の時間ですが、関連したイベントは早朝から深夜まで行われています。さらに、違う会社の関連イベントもこの日程に合わせてラスベガスで開催されます。深夜を除くとどこかで何らかのイベントが開催されているというような状態になります。

このため、ホテルはもちろん、アメリカ国内からラスベガスに向かう航空券のチケットも高騰するなど、ラスベガスはハイシーズンとなります。一般の旅行客の方はこの時期にラスベガスに行くのは避けてください。

そんなイベントですが、実質2日前から始まります。つまり1月4日からイベントが始まるので、IT業界の年末年始は実質ありません。

これが出来るのも年末年始はクリスマスが最も大きなイベントで、年末年始は1月1日や12月31日しか休まない国で行われるためです。日本のように正月は1週間前後休むのが当たり前の国からすると、どうにかならないもんかなと思うところでもあります。

その4日に行われるのは、比較的小規模な企業が事前に新製品を紹介するCES Unveiled Las Vegasという事前公開イベントです。これ以外にもどこかの会社がイベントを行いますが、4日に一番大きなイベントはこちらになります。

これは4日の午後4時から午後7:30まで開催されます。日本時間だと5日の午前中ですので、5日の昼頃には各種ニュースを知ることが出来ます。

翌日の現地時間5日はプレスデーとして、各社がプレスカンファレンスを開催します。

この日は朝7時半から午後6時くらいまで、同時に数本のカンファレンスが開催されます。日本時間では6日の早朝から、6日の昼頃となります。6日の夕方には各種ニュースが配信されているでしょう。

ちなみにプレスデーは、このイベントに参加するプレスが千人単位で情報を収集するらしく、カンファレンスに入るのに1時間前から行列に並ぶのもよくある光景です。

プレスカンファレンス自体はこの後も続きますが、5日からは毎日行われる基調講演も行われます。さらに、6日からは展示会も始まります。

5日のプレスデーからは、朝7時頃から午後10時くらいまで何らかのイベントが行われれます。このため、現地で情報を追っかける人やその対応する人は早朝から深夜まで拘束され、ラスベガスでカジノやショーで遊ぶのはほぼ不可能です。

ということで、CESに参加する人は正月からラスベガスに遊びに行ってる暇はないですからね。

でも、4日以前に行っていたり、9日以降も帰ってこない場合は現地で遊んでいるのかもしれません。