読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

任天堂初のスマホアプリMiitomoはなかなかに面白い

任天堂が2016年3月17日に初めてスマホアプリをリリースしました。

今回リリースされたのはMiitomoという、DSシリーズのトモダチコレクション風のアバターで、友達とコミュニケーションを取るようなアプリです。

miitomo.com

ちょっとやってみると、なんだこれはわけがわからないと思いましたが、続けて遊んでいるとなかなかに面白いことが分かってきました。

初めは作った自分の分身となるMiiから聞かれる質問に答えているだけで、何が面白いのかさっぱり分かりません。

質問というのも

  • 最近流行っている事
  • 朝起きて一番最初にすること
  • 一番欲しい物
  • おすすめの映画
  • 今週末の予定は

とかの身近な一見どうでも良さそうな話題ばかりです。

f:id:AllAboutKamikura:20160318234700j:plain

初めはまじめに答えるのですが、だんだんふざけた回答をしたくなってきます。

そんなこんなで、ひたすら質問に答えながら、TwitterFacebookと連携すると、知り合いがボチボチと参加者し出してくるのでゲーム内の友達が増えていきます。

ふざけた回答をするだけでも楽しくなってくるのですが、ゲーム内の友達のアバターに対してふざけた回答をするのがさらに楽しいです。

その友達のいいところとか、一緒に旅行で行きたいところなんかを相手のMiiが聞いてくるので、ふざけた回答をしたり、たまにまじめに答えたりすると、それを読んだ相手が反応を返したりしてきます。

つまりゲームを通して、知り合いとコミュニケーションをしているということですね。

単にメッセージアプリで普通にやりとりするのではなく、ゲーム内のアバターがしてくる質問がきっかけとなって気軽にコミュニケーションが取れるようになります。

まじめにやりとりしてもいいし、ふざけてもいい。遊び方は人それぞれで、今後の進展次第ではさらに面白くなるかもしれません。

ゲーム内では他にも遊びの要素はありますが、Miifotoというアバターを使った写真遊び機能はなかなか興味深いですので、こちらは別途紹介したいと思います。

このゲームのポイントとしては、ネット等を通じてゲーム内の友達になれるのはTwitterFacebookでつながっている必要があると言うことです。

QRコード入りの画像を出力できるのですが、これで取得できるのはアバターであるMiiの分身だけで、これ自体はたいした意味を持ちません。

コード番号等で追加も出来ませんので、ネットを通じて簡単に友達を増やすようなことはできません。

こんな仕様になっているのも、知らない人と簡単につながらないようにするという配慮もあるのでしょうが、質問をやり合うので、ある程度知っている人同士でやることが面白さにつながります。友達が多いよりも、やりとりする内容が深い方が面白いのでしょう。

このアプリが本当に人気になるのかわかりませんが、任天堂ならではのアプリが提供できているので、今後提供されるというアプリにも期待せざるを得ませんね。

任天堂 “驚き”を生む方程式

任天堂 “驚き”を生む方程式