ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

大金がかかるPCゲーマーをしのぐスマホ課金

世界的に見るとPS4やXbox OneWii Uなんかの家庭用ゲーム専用機よりもPCゲームは非常に人気です。

しかし、PCゲームは高くても5万円程度の家庭用ゲーム機と比べるとお金がかかるのは事実です。

そこそこ遊べる性能のゲーミングPCは15万円くらいです。10万円くらいでもなんとかなりますが、PCゲームの醍醐味である設定を上げたハイスペック環境で楽しむには30万円とかの費用が必要になります。

特にお金がかかるのがグラフィック系の機能で、例えばNVIDIAの最上位のビデオカードを買うとそれだけで10万円とかになります。

普通に楽しむだけなら5万円くらいのでも十分ですが、より高性能な環境を楽しむために、1年に1度くらいこの10万円くらいのビデオカードを買う人は少なくないようです。

良くやるなと思いますが、スマホの課金はそれ以上のようですね。

PCのハードウェア自体に仮に30万円かけたとすると、PCゲームはもちろん、PCで出来る様々な事を最新のハイエンドな環境で出来るようになります。

ハイエンドな環境は少なくとも1年は続きますし、数年は比較的ハイスペックな環境を維持できます。

PCで仕事や何らかの作業をやっているならそちらにも活用出来ますし、もしも急に飽きてしまったら売り払ってしまうことも出来ます。

一方で、スマホの課金は基本的にゲーム内のデータを買っているだけです。

データを買ってゲームが有利になったり、アイテムを入手できたりするだけで、デジタルデータを得て自己満足するだけです。それ以上何もありません。

そんな物に毎月数万円も出費している人がいるというのは驚く限りです。年間で何十万円かけても最終的にはスマートフォンの中のデータが多少変化するだけ。そのサービス自体が終わったらそれまで。

そのおかげで無料で遊べる部分もあるのですが。