読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

低コストでハイパフォーマンスなNVIDIA GeForce GTX 1080/1070が登場

allaboutkamikura.hateblo.jp

事前に予告されたように2016年5月7日(日本時間)に行われたNVIDIAスペシャルイベントでGeForce GTX 1080とGeForce GTX 1070を発表しました。5月から順次発売されます。

主にゲーミングユーザーや一般的なPCにパワーを求める人用のGPUですが、今まで以上にコストパフォーマンスが高い製品になっています。

1世代前(2015年3月発表)のTITAN Xは999ドルでした。

このTITAN Xよりも性能が1.5倍程度で、消費電力は半分程度になったGeForce GTX 1080の価格は599ドルとなっています。

性能はどこを見るかにもよりますが、ゲームはもちろん、VR関係では特に高速になっているようです。それでいて価格は一気に4割近く下がりました。

1枚あたり549ドルのGeForce 980(2014年9月発表)を2枚差したSLI構成よりも高速です。

つまり、消費電力が大幅に下がり、性能は高くなって、価格もハイエンド製品としてはお得という製品になりました。

これでも高いが高性能な製品が欲しい場合には、GeForce GTX 1070が用意されています。こちらも既存のハイエンドGPUより高速で価格は379ドルとなります。

これらのGeForceシリーズはGeForce 10シリーズという事になるようで、今後よりローエンドな製品にも使われることになるでしょう。

Oculus Rift等のVRでネックになっていたのが、ハイエンド環境で利用する際、GPUも高性能な物が求められていた点でした。

これには10万円前後のGPUが必要だったのが、一気に5万円程度で低コスト化することになります。

VRを使わないでも、今後2万円前後のGPUも同じ技術を使い、低コストでハイパフォーマンスな物が発表されるでしょう。PCゲームは一段と進化しそうです。

MSI GTX 980TI GAMING 6G グラフィックスボード VD5769 GTX 980TI GAMING 6G

MSI GTX 980TI GAMING 6G グラフィックスボード VD5769 GTX 980TI GAMING 6G