読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

VRは売れるか不明だがアミューズメント業界での活用は確実

一番のお手軽な本格的VR機器、PlayStation VRの発売日と価格が決まりました。

2016年10月13日、44,980円。これにPS4本体やら周辺機器が必要なので、必要な費用は実質10万円強となります。

www.youtube.com

パソコンで利用するOculusなどは、パソコン本体を考えると20万円はかかりますので、それに比べれば半額くらいなので、一番お手軽とここでは表現しています。

本格的で無くても良い場合には、SamsungのGear VRがありますし、段ボールで作るC

ardboardなんかもあります。こちらが入門版だとすると、PlayStation VRやOculusなんかは本格版とここでは表現しています。

本格版が10万円程度だと、なかなか手が出ない人が多いのではないでしょうか。

ここで遊べるゲームはどれも面白いのですが、5万円でゲーム機を買えるとして、その2倍楽しいかと言われると微妙です。

2倍の体験が出来ると言えますが、余裕がないとなかかな手は出せないでしょう。

一方で、確実に個人向けではなVR関連の機器も出回ろうとしてます。

明らかにアミューズメント業界に採用してもらおうと思っている機器がいくつも登場しています。

台湾で行われたComputex 2016で展示されていた一部を紹介します。

Holodia

f:id:AllAboutKamikura:20160614173004j:plain

VRを組み合わせたフィットネス機器を提供している会社で、これはボートをこぎながらフィットネスが出来る機器です。

Birdly

f:id:AllAboutKamikura:20160614173018j:plain

空を飛んでいる感覚を味わえる機器で、前に扇風機がついており、実際に風が顔に当たります。

Whiplash

f:id:AllAboutKamikura:20160614173032j:plain

椅子が360度豪快に回転する機器で、現時点ではSamsungのGear VRのようにスタンドアロン型でしか利用出来ません。

Para Parachute

f:id:AllAboutKamikura:20160614173107j:plain

実際に吊った状態で、パラシュートでの効果が体験できる機器です。

f:id:AllAboutKamikura:20160614173042j:plain

Whiplashは豪快に回転しすぎるので、ゴーグルの締め付けが甘いとこんな感じで外れてしまいます。

専用のソフトと、こういった機器の組み合わせでの応用は確実に流行ることになるでしょう。

とりあえずは段ボール製のCardboardで体験してみてください。

Google Cardboard I/O 2015 ハコスコ社製

Google Cardboard I/O 2015 ハコスコ社製