ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

自分が持っているGoogleアカウントを調べる方法

Googleアカウントという存在は知っていても、それがなんなのかを理解している人は多くないようです。

Googleアカウントは、Googleの各種サービスを使うための現代人ならほぼ必須のインターネット上のアカウントです。

この管理をしっかりしていないとか、理解しない間に取得したとかで、自分がGoogleアカウントを持っているか持ってないか、何個持っているかがわからなくなっている方が多いようです。

GoogleアカウントはGmail以外にもある

大前提としてGoogleアカウントが始まったのはGmailのサービスが始まる前だったと記憶しています。

その後、Googleの正式なサービスとしてGmailが2004年にスタートしました。それまでにGoogleアカウントを作成した人は、Gmail以外のメールアドレスをGoogleアカウントのIDとして使っていました。

その後、Gmail以外のGoogleアカウントはGmailアドレスベースにに移行することが出来るようになりました。

このGmail以外のGoogleアカウントは当時も今も問題なく利用出来ますし、新規作成も可能です。

GmailGoogleアカウントだと思っている方は、それ以外のメールアドレスもあるということを覚えておきましょう。

スマートフォン購入時に勝手にGoogleアカウントを作成させられていることがある

GoogleAndroidではGoogleアカウントが必須です。このため、携帯電話ショップでAndroidスマートフォン購入時にGoogleアカウントを作成していることがあります。

購入時の手続きの中で、Googleアカウントをすでに所有していれば、作成する必要は無いのですが、適当に返事をしていると、店員が勝手に作る事もあるようです。

このような、自分の知らない間に作ってしまったGoogleアカウントが、あるかないかをスマートフォンやパソコン等から確認しましょう。

AppleiPhoneでも、メールアドレスの作成はGmailが簡単なので、結果的にGoogleアカウントを作成していることもあるようです。

自分のGoogleアカウントを確認する方法

すでにGoogleアカウントを所有していて、それを本人が理解しているならいいのですが、他にも持っているかどうかを理解していない場合はその確認も難しいです。

以下、一般的な確認方法となります。

スマートフォンに登録しているGoogleアカウントを確認する

スマートフォンの設定画面にアカウントの項目があります。

ここに、自分が持っている以外のGoogleアカウントが登録されていないか確認してください。

Webブラウザに登録しているGoogleアカウントを確認する

スマートフォン自体には登録していないが、WebブラウザにはGoogleアカウントが登録されている場合もあります。

iPhoneの場合は、SafariChromeなどのすべてのブラウザを確認してください。

Androidの場合も、Chromeなどブラウザはいくつかあるのですべてで確認してください。

確認方法はブラウザで、google.comにアクセスします。ここで右上の丸い写真や文字のアイコンをタップします。

するとアカウントの選択画面が表示されます。

ここで、そのブラウザで使ったことのあるGoogleアカウントが表示されます。

パソコン等で使っているGoogleアカウントも確認する

普段、スマートフォン以外に、パソコン、タブレット等も使用しているなら、それぞれの端末でアカウントや、Webブラウザに登録されているGoogleアカウントを確認してください。

アカウント復旧画面で確認する

Googleアカウント登録時の名前等をでたらめに入力していなければ、自分が持っているメールアドレスがGoogleアカウントかどうかを、Googleのアカウント復旧画面で確認することが出来ます。

Google アカウント復旧

ユーザー名がわからないを選び、自分が持っているGoogle含めてすべてのメールアドレスをここに順番に入れて調べることが出来ます。

自分の現状を再確認するためにも、一度すべてのメールアドレスがGoogleアカウントになっていないかどうかを調べてみるのがいいでしょう。

もちろん、Gmail以外のメールアドレスも含みます。

はじめてのGmail入門Windows10/8/7/iOS/Android対応 (BASIC MASTER SERIES)