読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

個人的スマートフォンの購入条件 2016

スマートフォンの利用用途は年々広がっており、数年前に比べてもその活用の幅は増えています。

以前は必要なかったが、今は必要となった機能、昔は欲しかったが今はいらない機能もあります。2016年現在に個人的に新しく買うなら欲しい最低限の機能をまとめます。

キャリアロックがかかっていないこと

いわゆるSIMロックフリーの機種しか買う気になりません。

半年くらい待てば解除してもらえるキャリアが販売する製品には興味がありません。半年間の無駄な時間があるのはともかく、大抵の機種ではキャリアによるアプリ等が入っていてそれが邪魔でしかありません。

ただアイコンがあるだけならいいですが、定期的に通信するような物だと、キャリアで使用していない場合にエラーが表示されたりする場合もあるようです。

このロックがかかっていないことでの最大の利点が海外でも問題なく使えるという点ですが、これは次につながります。

海外のほとんどの地域で使えること

要するに、利用出来る電波が広いと言うことです。

機種や時期によっても異なりますが、iPhoneの最新機種くらいにほとんどすべての地域でその時の最高速の環境で利用出来るくらいになっていることが理想です。

そうでなくても、自分が訪れるだろう地域で主要な電波に対応している事が理想となります。

修理や保証の体制が整っていること

少なくとも上の2つの条件を満たそうとすると、日本での正規品の購入が難しくなり、海外で購入するという方法しかなくなる場合があります。

そうなると困るのが、修理や保証の問題です。

修理に時間がかかってもいいなら、対応している地域で修理に出すこともオプションの1つです。その場合には別の機種が予備機として必要になるなど、バックアッププランが必要となります。

そういったことが無くても、自分の過失であってもお金さえ払えばすぐに交換してくれるAppleGenius Barのような環境が整っていることが理想です。

画面が大きめなこと

ここで機種の機能に関する部分になります。

日常使う製品としては、画面が大きいことが理想です。高齢者になると文字を大きくしないと見にくいという事があるようですが、私の場合には画像をなるべく大きな画面で表示したいです。

タブレットやパソコンを使えばいいという話もあります。しかし、マルチデバイスで使えるInstagramなどならともかく、1つのデバイスでしか使えないSnapchatの様なアプリを使うことを考えるとなるべく画面が大きい方が嬉しいです。

また、ゲーム等で遊ぶ機会も多く、画面サイズは大きめの方がこちらもいいでしょう。

かといってどこまで大きいのがいいかはまだよくわかりません。

6インチくらいが持ち歩き等も考えるとギリギリの所でしょうか。

これから2年くらいは使える機能がついていること

これから2年くらい使える機能となるとなかなか難しいですが、例えばUSB Type-Cに対応している方が無難のような気がします。

また、生体認証がついている事も条件の1つになると思います。

NFC関連機能もFelicaが利用出来るかも知れないNFC-Fに対応している方がいいかもしれない。

などと考えていても、2年では特に重要では無いかもしれませんが、少なくとも2年くらいは現役で問題なく使える物が欲しいです。それなりの値段の物を買うので、1年などの短期間で機能が無いので使えないような陳腐化する物は欲しくありません。