読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

アメリカのカーシェアZipcarを日本の旅行者が使うことを考える

アメリカやヨーロッパで利用出来る、Zipcarというカーシェアリングサービスがあります。

www.zipcar.com

オンラインで車を予約し、1時間単位で利用出来るサービスです。

会費はプランによりますが月に700円程度(7ドル)で、1日あたり180マイル(約290キロ)まで走れます。

車にもよりますが、1時間あたりの利用料金は1000円程度(10ドル)で、24時間プランだと1万円程度(100ドル)になります。ガソリン代はこの料金に含まれます。

アメリカの車のコストは日本よりも安いですが、それでも購入には100万円くらいはかかります。日本と同等にアメリカでも若い世代を中心に車離れがあり、このようなサービスの利用が増えつつあるようです。

アメリカでの車の所有コストは、車そのもの、メンテナンスやガソリン代を含めると月平均で少なくとも数万円にはなります。

このコストと同等か、それよりも安く車を所有できるようなサービスがZipcarとなります。

旅行者が使うZipcar

アメリカでレンタカーを使う場合、保険を入れた総コストは1日当たり1万円程度です。1週間単位とかにして、保険も条件を選んでとかいろいろやれば6000円くらいにはなりますが、それでもそれなりのコストとなります。

例えば、ホテルからちょっと離れたところに数時間買い物に行きたいとか、ビーチに行きたいというような場合、丸1日車を使うわけではありません。

そこで登場するのが短時間で利用出来るZipcarです。Zipcarを使うには事前に会員になる必要があります。

年間払いでの会費は7000円程度(70ドル)。保険も含まれますが、免責もゼロになる保険に入る場合はさらに月に9ドル必要です。

Zipcarで充実したサービスに入る場合は、年間2万円くらいかかることになります。

旅行者の場合、どの程度現地へ訪れ、利用するか、Zipcarの利用しやすいところに宿泊しているかが重要になります。

例えば、ドライブ旅行のような事をするならレンタカーの方がいいでしょう。

年間数回仕事で訪れ、宿泊場所のすぐ近くでZipcarを利用し、買い物なんかでちょっと使いたいような場合に良いサービスでしょう。このような用途と競合するのはUberなんかのサービスですが、自分で時間内ならどこにでも行ける楽しみがZipcarにはあります。

旅行者から見るZipcarとレンタカーのコスト

仮に年3回訪れ、毎回5泊していて、合計10日Zipcarを使う機会があるとして計算してみましょう。

1日あたり2000円なら、Zipcarの自体の利用料金は2万円。会費は高くても2万円程度なので合計で4万円。これ以外の移動はUberや公共交通機関を使い、1日当たり数千円で合計3万円だとすると、移動にかかる費用は7万円です。

筆者の場合、このようなパータンでは、15日間すべてレンタカーを借りていたので15万円程度かかることになります。いろいろ値切って安くても10万円はかかることを考えると、だいぶ安いです。

特にレンタカーを借りて無駄なのは、途中で全く使わない日、数時間しか使ってない日が多いということです。レンタカーを借りても、毎日レンタカーを活用するわけではありません。日中はどこかにこもりっぱなしで全く使わない、誰かと一緒に移動するのでレンタカーは使わないという事も多いです。

レンタカーは借りる期間丸々借りられますが、使わない間も料金を支払うことになり無駄が多いです。使いたいときに使えるZipcarは、かなりコストを削減できると思われます。

Zipcarを使う事を前提にした不便

Zipcarを使う場合、Zipcarの利用場所近くに宿泊することを前提にしなければなりません。Zipcarの場所に行くのに、Uberで片道20ドルかかるとかだと無駄でしかありません。

また、Zipcarを利用したいときに利用したい車種が開いていない場合もあり得ます。例えば高級車のBMWも借りられますがかなり少ないです。また、キャンプに行けるような仕様の車もありますが、こちらも数は少ないです。

Zipcarは他人とシェアするので、荷物をトランクに置いておくことも出来ませんし、使い終わったら毎回ゴミは自分で片付けなればなりません。

完全に自分の車のようには出来ません。

Zipcarは住んでいる人にはいいが旅行者にも便利なのか

2016年現在日本語によるZipcarの感想はインターネット上にはあまりありません。2010年前後の記事はいくつかありますが、最近の物がないと言うことは日本からの利用者もそれほど多くはない事が予想できます。

ということはもしかしたらだいぶ不便なのかも知れません。

実際にしばらく使って、便利かどうかを長期的にレポートしたいと思います。