読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

YouTubeヘルプフォーラムのトップレベルユーザーになりました

このブログでは何度も書いていますが、Googleヘルプフォーラムで活動していると、Googleから、トップレベルユーザープログラムへの参加を打診されます。

まずは、注目ユーザー(Rising Star)から、その後、トップレベルユーザー(Top Contributor)になります。

最近はその上のユーザープログラムも作られつつあり、このプログラムは進化し続けているようです。

今回、日本語のYouTubeヘルプフォーラムでのトップレベルユーザーに、2016年12月付で私を含めて3名がなりました。それぞれ注目ユーザーからのレベルアップで、海外の言語ではそれぞれ数人いましたが、日本でようやく登場したトップレベルユーザーとなります。

ところで、GoogleYouTubeは実質同じ会社ですが、このユーザーヘルプ系のプログラムは若干異なります。

GoogleのトップレベルユーザープログラムとYouTube Heroes

Googleのプロダクトフォーラムをベースとするトップレベルユーザープログラムは、開始されてからかなりの年月が経ちます。

support.google.com

それとは別にYouTube Heroesという仕組みが先日開始されました。

support.google.com

このYouTube Heroesは、YouTube内だけのプログラムです。

YouTubeのクリエイターや視聴者など、すべてのYouTubeユーザーをヘルプしている人が参加できるプログラムです。

具体的にどんな活動が認められるかというと、

  • YouTubeヘルプフォーラムでの活動
  • YouTube HeroというYouTubeGoogleプロダクトのヘルプ動画を作ってる人
  • YouTube Creator Communtiyで積極的に活動している人
  • 動画に字幕をつけている人
  • 不適切な動画を報告している人
  • YouTubeクリエイター向けのイベントを主催しているAmbassador

なんかがあります。

Googleのトップレベルユーザープログラムが、プロダクトフォーラムが基本なのとは異なり、YouTubeに限られますが、様々な活動から認められるようになっています。

その両方にまたいでいるのが、YouTubeヘルプフォーラムでの活動となります。

YouTube Heroesになるといいこと

YouTubeヘルプフォーラムの活動をしていると、YouTube HeroesGoogleトップレベルユーザープログラムの両方に認められることになります。

それぞれに参加することの金銭的な利点は特にありません。

直接的な金銭的な利益はありませんが、ヘルプフォーラムで活動していると、結果的にさまざまな知識を得られます。その得た知識をどう使うかはそれぞれに任されています。
関連したブログを書くのもいいですし、いろいろと発展の可能性はあります。

仮に、直接金銭的な利益を目指しているなら、YouTube Heroでヘルプ動画を作り収益化するのが手っ取り早いでしょう。唯一、金銭的なメリットに近い物ですが、利益が出る動画を作るのは大変ですが。

YouTubeではいろいろな事が出来ますし、様々なイベントもありますが、Heroesになってもそれらでの利点を享受することは出来ません。

例えば、2016年12月後半にYouTube FanFestというイベントがありますが、Heroesで飛び抜けてポイントが高い私ですら普通に応募するしかなく、普通に落選します。

FanFestならクリエイター枠みたいなのがあるらしく(筆者調べ)、上位数百人とかになっていると招待状が届いたそうですが、Heroesにはそんな物は届きません。

YouTubeの他のイベントも、普通に応募するしかありません。YouTube Heroesだから優先して行けますよみたいなのは一切ありませんし、YouTube動画投稿上の利点も特にありません。

他の人を助けながら知識を得たいという人は、参加してみてはいかがかと思います。