読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

AppleのAirPodsが実際に落っこちやすいので対策を考える

Appleが発表しいつになっても発売されなかった両耳が完全に分離したBluetoothヘッドフォンAirPodsが発売され、日本でも最短で2016年12月19日くらい届いた方が多いようです。

私もたまたまいきなり発売した直後に注文できたので入手しましたが、最大の関心事。

落っこちるかどうかという点を検証することが出来ました。

その結果は

左耳はそう簡単には落ちないが、右耳は落ちやすい。

という事になりました。具体的にはこちらの動画をご覧ください。

www.instagram.com

原因は私の右耳のヘッドフォンを入れるための受け皿部分が左耳に比べて広いことです。右耳の出っ張り部分が、左耳より小さいのでAirPodsを押さえきれないようです。

このため、何かのきっかけで落っこちる事が容易に予想されます。

対策は

  • あきらめる
  • 耳たぶを整形する
  • AirPodsに何か取り付けて落ちにくくする
  • 耳たぶに押さえるようなアクセサリー的な物をつける
  • Appleが人それぞれにあわせたサイズが少々異なるAirPodsを提供するのを待つ

とかがあると思います。

とりあえず手っ取り早いAirPodsに何かを取り付ける方法として蓋にはまる範囲でテープをつけて大きくしてみました。

f:id:AllAboutKamikura:20161219205656j:plain

多少は落ちにくくなるようですが、充電の箱にギリギリ入るサイズでこんな感じです。このまま使う事はありませんが、見た目も気を遣いたいですね。

f:id:AllAboutKamikura:20161219205708j:plain

いろいろと考えた結果、筆者の耳たぶの場合は下から少し押すようにすると落ちにくくなりそうな気配があります。

イヤリング的な物で耳たぶの形状を変形させて、AirPodsを押さえるような方法もあるかも知れません。

このあたりを含め、今後落っこちない方法を模索していきたいと思います。

音質とかが気になる方もいると思いますが、個人的には大満足です。

後は落ちなければ文句は何もありません。それ以外の使い勝手はまだよくわかりません。

www.youtube.com