ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

ASUSの最新ゲーミングPC ROG Strix SCARで今時のゲーミングノートPCをチェックする

ASUSのゲーミングPCシリーズROGの2020年モデルが発表されました。

ASUSが今年発表したゲーミングの新シリーズは、先日発表された裏面にLEDが配置されたROG Zephyrus G14でしたが、今回は従来モデルのスペックアップモデルです。

新モデルで特に注目なのは、ハイエンドモデルを中心に300Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイに対応している点です。

CPUやGPUも強化されるなど、基本機能が強化されており、今時のゲームをさらに楽しめるようになっています。

ROG Strix SCARで遊んでみる

f:id:AllAboutKamikura:20200722013436j:plain

ASUS ROG Strix

今回は最新のROG Strix SCARの新モデルG532LWSを試用してみました。

300Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイを採用し、CPUはCore i9-10980HK、GPUNVIDIA GeForce RTX 2070 Super。メモリは32GB、SSDは2TBとゲーミングPCとしては十分とも言える性能です。

f:id:AllAboutKamikura:20200722011452j:plain

Counter-Strike: Global Offensiveなら、余裕で200fps以上でます

 

ゲーミングノートPCでは、消費電力や発熱のために、自動設定では性能が押さえられています。

ベンチマークを取る場合は最高性能を出すために、通常では行わない全ての設定をフルパワーでどうするようにしますが、特殊な設定をせず、自動設定の性能が抑えめの状態でゲームを十分遊べます。

大抵のゲームでは設定にもよりますが、60fps以上は出ますし、軽いゲームなら200fps以上も余裕で出ます。

ゲームは1秒間の画面の書き換え回数が60回を意味する60fpsを超えると画面の動きがスムーズに見えます。実際にみると40fpsくらいだとあきらかにカクカクした感じになります。

特に設定せずに、ほとんどのゲームで60fpsを超えのスムーズにゲームが遊べれば、カジュアルに最新のゲームを遊びたいような方にも、このくらいのハイスペックなゲーミングPCは良さそうです。

コアゲーマーの方で、設定を追い込んで試行錯誤したい場合にも300Hz対応のディスプレイは、どこまで上げられるかやりがいがありそうです。もちろんリフレッシュレートが上がることがゲームの結果にどのくらい影響するのかを知りたい人にもいいでしょう。

遊んでいて感じるのが、数時間ゲームで遊んでも、冷却時の騒音はそれほど大きくなく、本体、特に操作に関わる部分の温度は全く問題なく、いくらでも遊び続けられるといううれしい問題が発生してしまうことです。

このあたりはさすがに最新のゲーミングPCだけあります。

強いて使いづらい点を上げれば

f:id:AllAboutKamikura:20200722015701j:plain

ゲームで遊ぶにはほぼマウスが必須ですが、本体の右側にUSB端子がないので、左側からケーブルを這わさないといけない点です。

このようなノートPCはよくありますが、ゲーミングPCでもこんな仕様になっているのは謎です。

本体の重量は2.35kgでゲーミングPCとしてはそこまで重くないですが、ACアダプタが大きくて重いので、最近のモバイルノートの超小型ACアダプタになれていると問題になります。

とはいえ、最新のゲーミングノートPCは薄くコンパクトになっていて、机で使う場合に大きすぎないですし、様々な設定ができるので、PCをこだわって使いたい方には楽しく使えます。

 https://www.asus.com/jp/Laptops/Gaming-Series-Products/

youtu.be