読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

YouTubeチャンネルが停止した場合の対処方法

YouTube利用規約やコミュニティガイドラインがあり、これに違反している場合はチャンネルが停止します。

著作権違反の場合は、権利者による事実誤認、知らない間に映り込んでいたとかの間違いもあるので、通常は数回違反した場合にチャンネルにペナルティが与えられます。

しかし、重大な利用規約やコミュニティガイドライン違反の場合は、いきなりチャンネルが停止します。

このチャンネル停止が間違いである場合もあります。

その場合の対処方法、そもそものチャンネル停止について説明します。

YouTube利用規約違反やコミュニティガイドライン違反とは

YouTube利用規約やコミュニティガイドラインを一度目を通してください。

利用規約 - YouTube

コミュニティ ガイドライン - YouTube

この違反とは、動画のアップロードから、コメントだけなど、すべてのYouTube上での活動に適用されます。

著作権違反ももちろん、公序良俗に反する動画、コメント投稿、再生による視聴も含め、YouTube上での活動すべてが影響します。

具体的に何をやるとその違反になるかは明文化されていないのでわかりません。

唯一言えることは、YouTubeが気に入らない活動をしているユーザーをYouTubeは閉め出せる権利を持っていると言うことです。

普通に動画をアップロードたりコメントしているだけならそのような事にはなりません。例えば、YouTubeをお金を儲けるだけのプラットフォームに使うとか、ネガティブなコメントばかり投稿しているとか、活動内容によっては、その対象になる可能性があります。

違反となりやすい危険な動画

著作権が切れた音楽の演奏

著作権がだいぶ昔に切れた、クラシック曲の演奏をアップロードしているユーザーは多くいます。

音楽や映像は、YouTubeのContent IDという仕組みで非公開の動画でも、不正にアップロードしているユーザーがいないかを調べる仕組みがあります。

この仕組みを悪用し、著作権が切れた曲のオリジナル演奏の物であっても、権利侵害としてくる悪質な業者がいます。

このような業者が仮に権利侵害を申請した場合、最悪の場合はチャンネルが停止する可能性があります。

YouTubeではそのような悪質な業者を取り締まろうとしていますが、被害を受けるのは動画をアップロードしたユーザーで、それが間違いであったとしても一時期はかなり混乱することになります。

このため、なるべくなら著作権が切れていたとしても、悪質な業者が権利侵害としやすい物のアップロードは十分対策をした上でアップロードするのが良いでしょう。

ゲームの実況

ゲームの実況は、ゲームを遊びながら喋るだけのお手軽な動画で、視聴者も多いので、この分野での投稿は比較的多いです。

しかし、ゲームの画面や音楽は権利者によって保護されている場合がほとんどで、場合によってはかなり重い権利侵害のペナルティをうける場合があります。

ゲーム機側で配信や録画が許可されているからと言っても、それがYouTubeにアップロードしてもいい物かどうかはわかりません。

また、ゲーム画面に音声を追加しただけの様な物がほとんどで、オリジナルの動画とは言えない場合がほとんどです。

確実に問題ないゲームの実況のみをアップロードしてください。

YouTubeチャンネルが停止される原因

チャンネルが停止される主な原因は

  • 権利違反などを繰り返した
  • スパムコメントなどを投稿した
  • 再生回数を増やすような操作をした

などです。

これらの違反の場合は、システム上で違反の判断をされますが、これ以外にも、動画の内容に問題があるとしてユーザーから報告される場合もあります。

などが報告された後に停止されることがあります。

この中のなりすましは他人になりすましているユーザーのことですが、オリジナルの動画を不正にコピーした上で再アップロードし、オリジナルチャンネルをなりすましとして、オリジナルを潰すような行為もあるようです。

停止されたYouTubeチャンネルを復活させる方法

f:id:AllAboutKamikura:20170129160819p:plain

YouTubeの規約等に違反していない。なぜ停止されたのか分からないという場合の対処方法は、その停止された判断に異議申し立てをするしかありません。

異議申し立ては、YouTube側の停止判断が間違っている場合があるために用意されている手続きです。

support.google.com

異議申し立てをする場合、必須項目は自分の名前と、ログインにつかうメールアドレスです。

ログインに使うメールアドレスは、Googleアカウントの場合と、ブランドアカウント認識IDのどちらかを入力します。

1つのGoogleアカウントに対して、通常は1つのYouTubeチャンネルがあります。これ以外にブランドアカウントというのを作成することが出来ます。

support.google.com

通常Googleアカウントに登録した名前のYouTubeチャンネルを利用しますが、例えば山田太郎のチャンネル以外に、ペットに関するチャンネルを作りたい場合は、そのペットに関するユニークな名前のブランドアカウントを取得します。

これによって、名前以外のYouTubeチャンネルを作成できます。

このブランドチャンネルは自分のGoogleアカウントでログインして切り替えられますが、異議申し立てをする際は「@pages.plusgoogle.com」のドメインのブランド アカウント識別IDで申請しなければなりません。

異議申し立てをした後

異議申し立てをした場合、早くても数日、遅い場合は数週間後に、再審査結果が通知されます。

異議申し立ての受理通知はありません。

再審査の結果がYouTubeが出した結論となります。それが覆ることはほぼありません。

iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座
 
Google AdSense 成功の法則 57

Google AdSense 成功の法則 57

 
YouTube 成功の実践法則 53

YouTube 成功の実践法則 53