ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

YouTubeの2020年の広告売上げは約2兆円

Google(本当はAlphabet)の2020年第4四半期(10月から12月)の決算が出て、2020年全体の業績が発表されました。(現地時間2021年2月2日付け)

https://abc.xyz/investor/static/pdf/2020Q4_alphabet_earnings_release.pdf

ここではYouTubeの売上げについて紹介します。

YouTubeの広告が公開されたのが2018年第4四半期からなので、それ以前との比較は出来ませんが、Google広告全体に占めるYouTube広告の割合が徐々に上がっています。

f:id:AllAboutKamikura:20210203171519p:plain

Google広告とYouTube広告

2019年前半までは11%程度だったのが、2020年に入りQ4では約15%になっています。

f:id:AllAboutKamikura:20210203171602p:plain

YouTubeの広告売上げ

広告の売上げ自体は前年を大幅に上回り、2019年が152億ドルでしたが、2020年は198億ドル(約2兆800億円)でした。
これにはYouTubeの広告以外の売上げ、チャンネルメンバーシップ、スーパーチャットなどが含まれていません。

チャンネルメンバーシップ、スーパーチャット等含めたGoogleのそれ以外の売上げが含まれるOtherという項目はYouTubeの広告と同等で、このうちどのくらいがYouTube関連なのか気になるところです。

YouTube関連は広告関連等で新しい取り組みもしているので、来年以降もさらに伸びる事がよそうされています。(決算発表のQ&Aでいくつか語られています)

例えばYouTube Premiumの契約者数は3000万人だそうで、月間ユニークユーザー20億以上の1.5%程度です。

このユーザーが年間100ドル払っていた場合は、これだけで30億ドル(3000億円)になります。

YouTube Premiumの価格は国によって異なるので、3000万人の契約者数でこの数字にはなりませんが、広告収入の15%くらいの有料契約者からの収入があります。

YouTubeは広告以外にも大きな収入源ができつつあります。

YouTube 2020年のまとめの数字関連まとめ

毎年初頭にYouTubeのCEO Susan Wojcickiが去年と今年の状況を説明するブログと動画を公開しています。

長々といろいろ説明していて結局なんだかよくわからないので、数字に関連する部分だけをまとめました。ブログと動画で紹介している内容は少々異なりますので、詳細は両方確認してください。

blog.youtube

youtu.be

2020年の視聴時間等

第1四半期 世界中で総再生時間が25%増加
2020年 YouTube Gaming 1,000億時間以上の視聴
2020年の上半期には、ライブストリームが45%増加
2020年に50万以上のチャンネルが初めてライブストリーミング 1,000万以上のストリーム

Premiumの登録者は第3四半期に3000万人

クリエイターの収益

YouTubeパートナープログラムの新規参加は昨年比2倍。

広告以外のスーパーチャット、チャンネルメンバーシップなどでの収益の大部分を占めるチャンネルは3倍になった。

YouTubeは過去3年間にクリエイター、アーティスト、メディア企業に300億ドル以上支払った。

Oxford Economicsのレポートによる2019年のYouTubeのエコシステムは
アメリGDPの約160億ドル、345,000人のフルタイムの仕事に相当
イギリス GDPの約14億ポンド、3万人のフルタイムの仕事に相当
フランス GDPの約5億1500万ユーロ 15,000人のフルタイムの仕事に相当

クリエイターの例

ブラジルのJorge & Mateusは4000万回以上視聴 

インドのRachana Ranadeは金融リテラシーのチャンネルメンバーシップで10万ドル。

6年前は苦労していたBrandon Reed。その後勉強して始めに受け取ったのは100ドル。今では2.5億回再生されている。

COVID-19関連

COVID-19の情報パネルは4000億インプレッション

新サービス、ユーザーの動向関連

YouTubeショート 1日35億回再生

商品購入時に70%がYouTube動画を参考に

77%が学習にYouTubeを使った

新型コロナウイルスに感染するリスク一覧

2020年からの1年ほどでの個人的なウイルス感染に関する理解をまとめました。(間違っているかどうかはご自身で確認してください)

上の方が感染リスクが引く、下に行くほど感染リスクが高いです。

誰にも会わない。誰かがいたところに行かない

新型コロナウイルスは空気中を永遠に浮遊して飛んでいかないので、誰にも会わない、誰かがいたところに行かなければ感染しない。

この行動が最も感染リスクが低い。というか感染することはない。

例: 自分の部屋

誰かに会うがお互いに感染していない

感染者から感染するのが基本なので、感染者と会わなければ感染することはない。

例: 家族と同居する家

誰かがいたところに行くが、その場所は消毒、換気をしている

感染者がその場所にいた場合、感染者から出たエアロゾルは換気でほとんど無くなり、触れた場所等も消毒を完全にしてあれば感染リスクは低い。

例: 道路、対策をしている室内

誰かがいたところに行くが、換気はしているが消毒はしてない

誰かがいたところに行った場合、直前にそこにいた人が感染者の場合、換気によってエアロゾルによるウイルスは消えているが、触った場所などからの感染リスクがある。

例: 建物の入口、公共のトイレ

誰かがいたところに行くが、換気はしておらず消毒はしている

誰かがいたところに行った場合、直前にそこにいた人が感染者の場合、消毒によって触れた場所などからの感染リスクは低いが、エアロゾルによる感染リスクがある。

例: 建物内の閉じられた部屋の中

誰かがいるところに行くが、その場にいる人はマスクをし、手指の消毒もしている

そこに感染者がいた場合、マスクから漏れたエアロゾル等からの感染リスク、消毒後に手指についたウイルスからの感染リスクがある。

例: 消毒を徹底している小売店

誰かがいるところに行くが、換気をしマスクをして、消毒をしていない

マスクから漏れるエアロゾルは減るので感染リスクはマスクをしていた場合より減る。ウイルスがついた手指で何かを触ると、次にそれに触れた人に感染するリスクがある。

例: 公共交通機関

誰かがいるところに行くが、その場にいる人はマスクをしていない

そこに感染者がいた場合、エアロゾル等での感染リスクがある。 

例: 人が集まる場所全般

 

 

誰かと会うがお互いにマスクをし一切話をしない

マスクから漏れたエアロゾルから感染リスクがある。

例: そんな状況あるのかな

誰かと会うがお互いにマスクをし一切話をしないが物のやりとりがある

触った物から感染リスクがある。 

例: 宅配便の受け取り

誰かと会う際に距離が離れている

お互いの飛沫、エアロゾルからの感染リスクは低いが、換気などの状況によっては感染リスクがある。

例: 対策をした会議室、飲食店

誰かと会うが一方がマスクをしていない

マスクをしていない方がマスクをしているが感染している相手から漏れたエアロゾルから感染する可能性がある。 

マスクをしていない感染者のエアロゾルをマスクの隙間から吸い込む感染リスクがある。

例: 客の感染対策がされていない小売店

誰かがいるがアクリル板が設置されている

アクリル板により直接飛沫を浴びることはないが、その場所を消毒していない場所での感染リスク、漂ってきたエアロゾルによる感染リスクがある 

その場所についたウイルスを触ることでの感染リスクがある。

例: 小売店の会計

誰かと会うがアクリル板などで囲まれている場所でマスクをしている

アクリル板などで塞がれれば直接の飛沫は浴びないが、アクリル板が無い場所からのエアロゾルをマスクの隙間から吸い込む感染リスクがある。

その場所についたウイルスを触ることでの感染リスクがある。

例: 感染対策がされた場所での打ち合わせ

アクリル板などで囲まれている場所でマスクをしていない

アクリル板がそれぞれに設置されているが、飛沫のリスクはすくないが、エアロゾルによる感染リスクがある。

例: 一応対策をしている飲食店

特に感染対策をしていない場所でマスクをしていない

飛沫、エアロゾル接触などによる感染リスクがある。

例: 飲食店

新型コロナウイルスの真実 (ベスト新書)

新型コロナウイルスの真実 (ベスト新書)

 
Q&A感染症リスクと企業労務対応

Q&A感染症リスクと企業労務対応

 

 

2021年のIT系カンファレンスはどうなるか

IT系カンファレンス含めて人を集めるリアルイベントは2020年は2月頃に行われたのが最後でオンライン開催もしくは、開催中止になりました。

それでは2021年はどうでしょうか。

例年1月に行われるCESはオンラインで行われます。

2020年は2月に行われた事実上最後のリアルIT系カンファレンスだったRSA Conferenceは3月にオンラインで行われます。

例年2月に行われる、MWCは6月にリアルイベントとして行われます。

例年3月に行われるSXSWはオンラインで行われます。

NVIDIAのGTCで最も規模の大きいイベントは3月に行われていましたが、オンラインで行うらしいことが公表されています。

例年3月に行われていたゲーム開発者向けのGDCは7月にリアルとオンラインのハイブリッドで行うそうです。

例年3月に行われるGoogle Cloud Nextの予定は2020年12月現在まだ公表されていません。

例年4月に行われていた放送などメディア関連のNAB Showは4月に行う予定でしたが、10月に変更して開催するそうです。

例年6月に行われるComputexは6月1日から4日と日程が発表されています。

開催未定

5月頃には、FacebookのF8、Google I/OMicrosoftのBuild

6月にはAppleWWDC、ゲームのE3

などが行われます。

これらは通常、例年2月から3月頃に日程などが発表されますが、2020年12月時点で日本を含めて欧米では過去最大のCOVID-19の感染者数になっており、一部の国でのワクチンの接種が始まったとは言え、数ヶ月で一気に激減するわけではないでしょう。

MWCやComputexはリアルイベントで行う予定のようですが、2021年前半には判断が変わる可能性もあります。

GDCのようにリアルイベントをやる場合でもオンラインとのハイブリッド開催という選択肢が最も現実的ではないかと個人的には予想します。

予定されている物では6月頃から行われるようですが、2021年前半まではリアルイベントはかなり限られるのではと予想されます。