ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

Acer裸眼立体視のSpatialLabsラインナップを拡充

Acerはグローバルの新製品発表カンファレンス「next@acer」を開催し、環境に配慮した製品、ゲーミング製品など各種新製品を発表した。その中で、一般向けの販売も始まった裸眼立体視のSpatialLabsを搭載する新製品も発表した。

SpatialLabsとは

裸眼立体視を実現するDimenco社のSimulated Reality(SR)ディスプレイを搭載する製品。

クリエイター向けのConceptDをデベロッパー向けに提供したのが2021年。その後、企業向けに提供され、2022年4月末には個人向けにも販売が開始された。

アイトラッキング技術も活用し、実際に手前に飛び出して見えるディスプレイで、数年前までのメガネを使ったディスプレイなどとはかなり技術が向上していることが実感できる製品です。

2022年のSpatialLabs

Acer SpatialLabs

Acer SpatialLabs View ASV15 1B
Acer SpatialLabs View Pro ASV15 1BP

モバイルディスプレイのように使える裸眼立体視ディスプレイ。

15.6インチサイズで、1.5kg以下。5時間のバッテリー駆動。

Acer PREDATOR HELIOS 300 SpatialLabs

PREDATOR HELIOS 300 SpatialLabs Edition

ゲーミングノートパソコンに裸眼立体視を搭載した製品。

各製品の詳細、日本での発売などは今後公表される予定だが、Acer SpatialLabs Viewは2022年夏に発売予定と公表され、6月上旬には製品の体験会も行われる。

その後の情報などは

Acer SpatialLabsのラインナップを拡充 | NotebookPC.jp

にまとめた。

allaboutkamikura.hateblo.jp

www.youtube.com

DXの次はいつ登場するのか問題

2010年代後半からDX、Digital Transformationという用語が一般的に使われ始めていますが、これは2004年に提唱された物だとされています。

DX - digital transformation

DXが始めに提唱された論文 Information Technology and The Good Life

DXに関しては各社が様々な事を行っているようです。その中で、DELLが中心に行っている「中堅企業DXアクセラレーションプログラム」の参加企業はDXの概念をしっかり理解して、かなりうまくやっている企業が多いようです。このようなDXの概念を理解して取り組んでいるところは少なく、一般企業はまだまだデジタル化と勘違いしているとか、そもそも何かわかっていないのではないでしょうか。

そんなDXですが、以前から同じような用語はあります。

1950年代のEDP(Electronic Data Processing)やADP(Automatic Data Processing)
オンライン化したIDP(Integrated Data Processing)
1960年代の経営情報システム(MIS, Management Information System)
1970年代の意思決定支援システム(DSS, Decision Support System)

通信業界ではニューメディアやマルチメディア、そして5Gで世界が変わるなど。

時代時代にさまざまな用語が登場し、バズワードになるのかならないのか。

そんなことを、こちらのブログに書きました。

blog.kamikura.com

 

Instagramアカウントが乗っ取られていた話

知り合いのInstagramアカウントが乗っ取られていました。

乗っ取ってから2週間くらいは、本人を装って暗号通貨で儲けて、同じような事を推奨するような投稿をいくつかしていました。しばらくは変な知り合いと友だちになって、変になったのかと思っただけで、乗っ取られていた事には気づけませんでした。

f:id:AllAboutKamikura:20220318205234j:plain

乗っ取られたアカウント

変なことを投稿している件について、他のサービス経由で本人から話を聞けば良かったのですが、そのままどうなるか見ていたら2週間後に完全に他人に変わりました。

そんな話を下のブログに投稿しました。

blog.kamikura.com

Mac StudioとWindows系を比較してみる

f:id:AllAboutKamikura:20220309081809p:plainAppleのハイエンドデスクトップ製品なのに小型なMac Studioが発表されました。

価格は25万円くらいからですが、実質的にまままあ使える仕様にすると30万円台になります。

さらにこれに合わせて発表されたSoC(CPUとかのこと)をM1 Ultraにすると50万円近くになります。

これが高いのか安いのかをWindows系と比較してみました。

こちらのブログをどうぞ。

blog.kamikura.com