ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

YouTubeの再生回数不正問題と音楽チャートの順位

YouTubeSpotifyなどで再生回数を水増しして、人気があるように見せかける手法があるようです。

しかし、様々な指標から算出される音楽チャートでは、YouTubeの水増し再生回数は全く考慮されていないようです。

YouTubeでは同じアカウントなどでの大量のくり返し再生は再生回数の数字に反映されませんが、そのアルゴリズムをうまく逃れる方法で再生回数水増しをするような工場が存在するそうです。Spotityの場合なら、有料のアカウントを大量に作成して再生するような手法もある用です。

おそらく様々な手法で再生回数の水増しが行われているようですが、そのような水増しによる再生はチャートには反映されないようです。

様々なジャンル、アーティストの再生回数が水増しされていると推定されていますが、K-POPはカテゴリ全体での水増しが行われていると考えている人が多いようです。

f:id:AllAboutKamikura:20190625205035p:plain

BTSの4億回再生

BTSのBoy With Loveという楽曲は公開から2ヶ月ほどで再生回数4億回を超えたとしています。

f:id:AllAboutKamikura:20190625205319p:plain

Sam Smith 3.5億回

同じくらいの再生回数の楽曲としてSam SmithのDancing With A Strangerは公開から5ヶ月ほどで約3.5億回となっています。

どれも2019年6月25日現在の再生回数。

このYouTubeの公開からの日数、再生回数、評価の数だけでみるとBTSの方が人気がある見えます。

現在の音楽チャートはストリーミングでの再生回数、ラジオのオンエア回数など様々な指標から算出されています。本当に人気があれば、アメリカの主なチャートで上位に入るはずです。

American Top 40 6月22日付

Sam Smith 3位、BTS ランク外

Billboard Hot 100 6月29日付

Sam Smith 12位、BTS ランク外

TOP 40 - June 22, 2019 | American Top 40 With Ryan Seacrest

Top 100 Songs | Billboard Hot 100 Chart | Billboard

この音楽チャートのランキングをみると、YouTubeのような再生回数を何らかの形で水増しできる物は、チャートの順位にはほとんど反映されていないことがわかります。

AKB商法とは何だったのか

AKB商法とは何だったのか

 
音楽と意図―ヒットチャート考現学!

音楽と意図―ヒットチャート考現学!

 

 

DELL Latitudeが体験できるDELL Cafe

f:id:AllAboutKamikura:20190619001143j:plain

DELLは2019年6月18日と19日の2日間、東京都港区の新橋駅近くで企業向けLatitudeやモニター等の最新製品を体験できる特設カフェを運営しています。

The Core Kitchen / Spaceで行われている物で、働き方改革などに役立つ最新の企業向けノートパソコンのLatitude、それと組み合わせて利用出来るモニター製品、各種周辺機器などを実際に試せる状態で体験できるようにしたカフェです。

goo.gl

f:id:AllAboutKamikura:20190619001415j:plain

Latitudeは企業向け製品ということで、一般の家電量販店などではほとんど見かけることはありません。

DELLのイベントなどでは実機を確認できますが、なかなかほぼ全ての機種を利用出来る環境というのはないので、カジュアルに確認したいような方には役に立つイベントになっています。

f:id:AllAboutKamikura:20190619001311j:plain

Latitude 3301

低価格なLatitude 3301など、各ノートパソコンはそろっていますし、各種最新モニターもあり、それぞれType-Cケーブル1本だけで接続できる状況を試すことも出来ます。

最新のウルトラワイドモニター、2本のUSB-Cを使って100W以上を必要とするモバイル・ワークステーションにも電力を供給できる周辺機器なども展示されています。

f:id:AllAboutKamikura:20190619001358j:plain

f:id:AllAboutKamikura:20190619001546j:plain

f:id:AllAboutKamikura:20190619001605j:plain

企業向けパソコン以上に実物を見る機会が少ない、DELL純正のバックパックなども全て手に取って確認できるようになっています。

簡単に画面を共有して会議ができるIntel Uniteのような関連ソリューション。それを使うのに便利な大画面モニターなども展示しています。

f:id:AllAboutKamikura:20190619001622j:plain

2日間限定ですが、東京の新橋の平日の夜まで開催されています。

DELL製品を実際に触って確認できる貴重なイベントなので、近くに立ち寄った場合、近隣にお勤めの方などは、今後のシステム刷新のためにこのような機会を生かしてみてはいかがでしょうか。

https://japancatalog.dell.com/c/2019/06/06/期間限定!dell-cafeオープン!/

メモリ1.5TBのMac Proよりハイエンドのワークステーションは約3,800万円

Appleの開発者会議WWDC19で最上位のMac Proが発表されました。

2019年秋に発売するそうで、28コアのIntel Xeon、ストレージではなく最大メモリが1.5TBなことなどが注目されています。

単純なスペックはもちろんですが、筐体全体の冷却性能などにはかなり力を入れていることがわかるMacとしては待望のハイエンド製品で、開発者、クリエイターなどには注目製品になります。

そんなハイエンドの製品ではWindowsLinuxを使うならさらにハイスペックな製品はPC各社から既に発売されています。

Lenovo ThinkStation P920

ThinkStation P92の場合、30万円ほどから購入可能だが、合計48コアになるデュアルXeon、メモリーの構成は1TBなどハイスペックなカスタマイズにした場合で100万円の割引きがあり、販売価格は600万円ほど。

f:id:AllAboutKamikura:20190604171803p:plain

www.lenovo.com

HP Z8 G4 Workstation

こちらもデュアルXeonの合計48コア、メモリの構成は1.5TB(128GB×12)、NVIDIAの最高級ビデオカードなどで販売価格は1,500万円ほど。このうちメモリが約1,000万円。

f:id:AllAboutKamikura:20190604172454p:plain

jp.ext.hp.com

DELL Presicion

こちらはデュアルXeonで56コア、メモリ3TB、NVIDIAビデオカードは3枚などの構成も可能で、約3,800万円。この中で最も高価なのが3TBのメモリの3,000万円ほど。

f:id:AllAboutKamikura:20190604172806p:plain

www.dell.com

Mac Proの価格はどうなる

MacOSにこだわらなければビデオカードなど構成は選び放題で今すぐMac Proより高い構成のワークステーションは買えます。ただし超高価。

特に高いのがメモリで、秋葉原で一般的に買えるメモリモジュールは16GBで1枚1万円程度。ワークステーション用の容量が高いのは数が出ないのと高価なので、秋葉原では購入が難しいですが、32GB、64GB、128GBのメモリモジュールは世の中に存在しているようです。

ワークステーションでメモリを1TBなど載せるなら、128GBのメモリモジュールが必要で1枚あたり100万円程度で計算すると良さそうです。

Mac Proの場合、1.5TBにするには128GBのメモリモジュール12枚必要なので、メモリだけで1,000万円程度になることが予想されます。

おそらく、Mac Proを選ぶ一般的な構成で100万円程度になると思います。メモリを最大まで載せる場合、よりハイエンドなCPUやビデオカードを選ぶでしょうから、メモリを最大にした場合は、1,000万円のメモリにくわえて数百万円という構成で上記のHP Z8 G4に近い1,500万円近い価格になるかも知れません。

 

Dynabookの海外展開をComputex 2019で確認

東芝のパソコン事業会社がDynabook株式会社になり、海外でも従来のTOSHIBAブランドからdynabookブランドに変わります。

dynabookダイナブック)ブランドが使われていたのは日本のみなので、今後はTOSHIBAのパソコンからdynabookのパソコンへと認知度を含めて向上していく必要があります。

2019年5月から開催された世界最大のパソコンを中心としたIT関連の展示会Computexでもdynabookはプライベートブースを出して、台湾を中心とする関係者にdynabook製品やサービスを紹介しています。

日本で販売しているdynabookシリーズの海外版など、様々な製品を紹介しています。
海外ではTOSHIBAだけでなく、TECRAやPORTEGEやSatelliteなどのブランドもありましたが、こちらはそのまま海外でも使われるようです。

f:id:AllAboutKamikura:20190531100544j:plain

今後、これらのシリーズはdynabook TECRAdynabook PORTEGE、dynabook Satelliteなどとして海外で展開していくそうで、TECRAやSatelliteなどの名前は残っているので、単純に全てがdynabookだけになるわけではないようです。

f:id:AllAboutKamikura:20190531100634j:plain

製品以外のソリューションも展開していて、dynabookの工場でも活用しているという、例えばパソコンの組み立て工程を見える化し、誰がどの作業でどのくらい時間かかったのかをカメラとAIで見える化するソリューション。

ウェアラブルカメラ活用し製品のメンテナンスを効率化するソリューション、教育関連でも日本でもまだ導入していない、生徒の学習情報を高度な分析が可能なソリューションを紹介しています。

日本では会社名が変わったくらいであまり変化はありませんが、海外では会社名や製品のブランドも変わるため、これらの製品やソリューションはもちろん、ブランドのプロモーションも重要になっていきそうです。