ITライター上倉賢のAll About

IT系ライターによる日常

Apple PayでSuicaを使う方法

Apple Payが日本で2016年10月25日の早朝よりサービスが開始されました。

利用出来るのは日本で販売されているiPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2です。

これらのOSをiOS 10.1にした上で、いろいろやるとSuicaを利用出来るようになります。

Suicaを使いたいだけなら、Apple PayのWallet Appにはクレジットカードは当分登録しないで良いと思います。クレジットカード会社の電話認証に時間がかかりすぎるので。電話認証が必要な場合は、端末に登録だけして後で認証すればいいです。

iPhoneでのSuica利用方法

まずはSuica Appをインストールします。

Suica

Suica

f:id:AllAboutKamikura:20161025065225j:plain

アプリ上で、新規にSuicaを発行するか、既存のSuicaを登録します。

既存のSuicaを登録する場合は、追加できるSuicaに条件があるのでご注意ください。

既存のSuicaを登録すると、チャージしてある金額が引き継がれていると思います。

このSuicaへのチャージ方法は、Apple Payに登録されているクレジットカードか、Suica App上でクレジットカードによるチャージが選べます。

f:id:AllAboutKamikura:20161025065302j:plainチャージに利用出来るのはVISA、JCB、Master、AMEX、Dinersといった普通のクレジットカードです。

Apple Payに登録していないクレジットカードでもチャージできます。

f:id:AllAboutKamikura:20161025065318j:plain

つまり、クレジットカードをApple Payに登録するしない関係なしに、Suica App上で普通のクレジットカードからチャージが可能となります。

チャージが出来れば、電車やバスに乗れます。

定期券の方は今の定期が切れるのを待つかどうにかして、定期券つきSuicaに変更しましょう。

ちなみにSuica Appは日本語にしか対応していません。

電車とかに乗ったり、コンビニとかで買い物したいだけならSuicaを登録するだけでおっけーです。 

電子マネー革命─キャッシュレス社会の現実と希望 (講談社現代新書)

電子マネー革命─キャッシュレス社会の現実と希望 (講談社現代新書)

 
キャッシュレス革命2020 電子決済がつくり出す新しい社会

キャッシュレス革命2020 電子決済がつくり出す新しい社会